2008年09月29日

陸の不思議

今日は最近、影の薄かった陸についてです^^

今年4月に我が家の家族になった「陸」、

5か月ほど一緒に生活して、「なんでだろう〜」って思う陸についていくつかの

不思議があります。

その不思議は…




☆  時々、↓のように前足を体の中に折りこんでくつろいでいるときがあります^^
riku034.jpg

riku033.jpg


足、痛くないのかな…とよく思います(笑)




☆ それから車に乗っているときですが、

d010.jpg

なぜだかわかりませんが、車がバックして車庫入れをはじめると吠えだします(笑)

吠えると同時にすごくバタバタして、「ボクが車庫入れしてあげるよぉ〜」

って言っているかのように見えます^^;

本当は何が言いたいのか猫(笑)

すごく不思議です。




☆ そして夜、寝る前になると必ず手をなめますたらーっ(汗)

  昼間はほとんどないのですが、夜、それも寝る前になると、

  さかんに手をなめたがります。

  5分ほどなめると落ち着くのか、そのまま眠ります。

  なんで寝る前だけなのか、本当に不思議です?

  こんなワンコ、他にもいるかな^^;



☆ そして、↓の動画をご覧ください。





これ、私たちにだけでなく、おやつさえ見せれば100%誰にでもやります(笑)

初対面だろうと犬に慣れていない人だろうと誰にでもやります^^

すごいな〜と同時に不思議に思います。

陸にこのコマンドを教えた元飼い主は陸にここまで教えて、

どうして手放したんだろう……

陸はこれだけでなく、「持ってこい」や「ハウス」、そしてトイレもできます。

問題があるとすれば無駄吠えとガウが少々。。。

でも一緒に生活をするうえで支障があるようには思えず…

ホイップのときも思いましたが、陸の元飼い主は今もきっと東京のどこかで

生活しているんだろうな〜

時々陸のことを思い出したりしてるのかな、なんて思ったり……


陸は元飼い主と離れてつらかったと思いますが、

私たちは陸が我が家に来てくれて本当に本当にうれしく思っています!






そして、車いす生活をはじめたホイップですが、

毎日、車いすでがんばって歩いています!

まだ外には散歩に連れていっていないのですが^^;

家ではかなりのスピードで歩く日もでてきました。

↓昨日の動画です。前回よりかなりスピードアップしたように思います!


最近は昼間、車いすで歩くことが多くなったためか、夜、寝てくれる日が増え、

少しずつ睡眠不足が解消されつつあります!

ホイップだけでなく、私たちも車いすに感謝ですわーい(嬉しい顔)



ニックネーム ちか at 02:17| Comment(31) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

ホイップ 車いす

先月のはじめに暗がりのお店でクルクルまわるホイップの動画で、

元気に歩いている様子をお伝えしましたが、

今月に入り、またあまり歩けなくなってしまいました。

歩けたり歩けなくなったり、本当に一喜一憂をくりかえしています…


↓昨日のホイップです。ヨタヨタです^^;
今月に入ってずっとこんな感じです。



でも倒れたあとでも、ホイップはよく足をばたつかせて、

「起こして〜」をやります。

起こしてあげるとまためげずに歩こうとしています。

カイロも3週間おきにずっと先生にきていただいてますが、

今月に入り、すぐにコテンと倒れては「起こして〜」を繰り返しているホイップに

なんか他の方法もないものかと思案していたところ、

CATNAPのスタッフのkiccoさんのブログ「かん太とマフィンの毎日」で、

CATNAP保護犬・里親募集中のメルモちゃんが後脚に障害があるにもかかわらず、

車いすにのってスイスイ歩いている様子を見ました。

「ホイップも車いすにのったら歩けるのかな…」とフッと思いましたが、

ホイップはもう高齢だし、痴呆もあるし、背中も曲がってるし、首もさがってるし、

まだまだ若いメルモちゃんは歩けてもホイップは…と思いました。

でも主人に相談するとだめもとで聞くだけ聞いてみたら、と言ってきたので、

とりあえず聞くだけと思って、kiccoさんのブログにコメントしたところ、

すぐにお返事をくださり、車いすを作っていらっしゃるご主人にお話をしてくださるという、

前向きなお返事をいただきました。

その後、ご主人からも連絡をいただき、

ホイップも車いすで歩けるのではとおっしゃってくださいました。

そしてご主人が作成した車いすにのっていたシーズーめめちゃんが残念ながら亡くなり、

めめちゃんの飼い主さまが車いすを譲るお相手を探しているとのことで、

そのめめちゃんの車いすへの試乗をすすめてくださいました。

シーズーといえば、我が家の唯一の預かりワンコ「まゆちゃん」を思い出すのですが、

まゆちゃんはホイップよりだいぶ大きかったので、

サイズがどうかという心配があったのですが、

14日の日曜日に試乗させていただいたら、

なんとピッタリだったのです!!


↓こちらがその車いすですひらめき
w035.jpg

w027.jpg


kiccoさんもご主人もビックリされるほど、ピッタリでした。

あまりにピッタリだったので、このまま持ちかえることをお許しくださいました。


しかし、最初はなぜか車いすにのっても歩くことができず、

ホイップはかたまって、ひたすらジッとしていたのですが、

家に帰り、試行錯誤いろいろ試しているうちに、

首をのせるバーの位置をさげたところ、歩きだしました!

↓こんな感じです^^ 
ヨガマットとカーペットの切れ目をなんとか乗り越えたところを見ていただけるとうれしいです^^



月曜日から我が家のリビングから玄関までの直線を往復しています。

かべなどにぶつかると直進ONLYのホイップなので、自分では方向転換できないため、

向きを変えてあげる必要はあるのですが、

変えてあげれば、ほとんど振らないしっぽをちょって振って歩いています。

心なしかうれしそうに歩いているように見えます^^

もう少し慣れたら、もうめっきり行けなくなってしまったお散歩に連れていって、

外の空気を吸わせながら歩かせたいと思います!



ご主人の車いすのサイトです。

    ⇒ 犬(ネコ)の車椅子について

ご主人は3年間で約650台の車いすを作成されたそうです。

普通にお仕事をされていながら、休日返上で車いすを作成している

ご主人の活動に本当に頭が下がります。

ご主人の車いすでたくさんの犬猫たちが再び歩く喜びを享受していることだと思います。

ホイップもそのうちの一匹です。

本当にありがとうございましたm(__)m








そして去年お預かりしていた「まゆちゃん」が9月13日、お誕生日でしたわーい(嬉しい顔)

まゆちゃん、おめでとうるんるん

去年の今頃はつらい思いをしていたまゆちゃんでしたが、

今年はご家族にドッグカフェに連れていっていただいたそうです!!

お店の方に誕生日であることを告げると、お写真をとっていただいたり、

とても楽しいお誕生日になったようです^^

よかったね、まゆちゃん黒ハート

娘さんのMちゃんがおやつをあげようとしているとこかな^^
20080913181827.jpg



最近まゆちゃん、

我が家にいるときから心配だったカイカイがひどくなっているとのことです…

トリマーさんのまゆちゃんママさんなので、こまめにシャンプーをしてくださったり、

ご飯のこともいろいろ考えてくださっているのですが、

まゆちゃんのカイカイはやはりなおりにくいようです。

秋になって、しのぎやすくなってきたので、

少しずつでもおさまってくれることを願っています。

まゆちゃん、がんばれ〜!

ニックネーム ちか at 15:35| Comment(22) | ホイップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

ポン 一周忌A 

去年、ポンが亡くなった当時の記事にも書きましたが、

1年経っても心にしっかり残っている後悔があります。

それはポンを一人で逝かせてしまったということです。

前回はここまで書けなかったのですが、自分たちが忘れないためにも…


去年の2007年9月6日から7日の朝にかけて、

東京は大型の台風がきていました。

近くを流れている多摩川もここ最近にない氾濫をし、

朝、起きると空にはヘリコプターがたくさん飛んでいて、

野球やサッカーのグラウンドまで水があふれていました。

tamagawa036.jpg

そして実家の母から携帯の留守電に、

「ポンちゃん、亡くなったから…」と入っていました。



ポンは時々ばてる程度で特別何があるわけでもなく実家で過ごしていました。

しかし8月31日の散歩中、突然、あわを吹いてその場にへたりこんだとのことです。

かかりつけの病院に車でむかえにきてもらい、

そのまま入院。

私たちが会いに行くと、顔は元気そうなのですが、

とにかくゼコゼコ相当息苦しそうでした。

そのゼコゼコの原因を先生もいろいろ調べてくれましたが、わからず…

14歳という高齢だったので先生も悩んでいるようでしたが、

原因追究のために手術も行いました。

でもわからず…



実家の母はこのまま原因がわからないのであれば、

ポンを家に戻したいとお願いしました。

先生も戻してあげたいと思っていたと思いますが、

先生の中では今、薬もいろいろ試しているし、

何かよい治療法が見つかるかもしれないから、という思いがあったようでした。

なので先生はもう少し時間をください、という感じでお話していました。

でも実家の母は病院でもしものことがあったら絶対に嫌なので、

やっぱり家に戻したいとお願いし、その週末には戻そうとしていました。

しかしポンは台風の過ぎ去った金曜日の朝、亡くなってしまいました。




ポンは37キロもある大型犬でしたが、

前回も書いたように小さなホイップにもご飯を奪われてしまうようなワンコで^^;

気が弱く、夏はいつもそうでしたが、とにかく雷が大嫌いでした。

お留守番は普通にフリーでできる犬でしたが、

留守番中、雷がくるとあばれて棚の上にあるものを全部、下に落として、

部屋の端っこで小さくジッとしていたり、

夜中に雷がくると、さかんに母の部屋に来たがったり。

私たちが遊びに行ったときに雷が来ると、

ポンはさかんに床を掘ってました。

たぶん掘ってそこに隠れたかったんだと思います^^;

ポンにとって「雷さん」という何か怖〜い存在が自分を襲ってくるという感じが

していたのではないかと思います。

とにかくポンは「音」に弱い犬でした。


そんなポンだとわかっていながら、

そして台風がくることを知っていながら、病院に一人入院させたままにしてしまいました。

私たちには「雷」と「台風」は別物ですが、

でもポンにとっては同じ「怖い存在」でしかなかったと思います。

病院にいれば「安心」だと思ってしまいました。

でも病院の先生は夜中の間、ずっとポンについていてくれるわけではないのです。

ポンはあのすごかった台風の雨と風の音におびえて、ケージの中で怖い思いをしながら、

おそらく先生にも看取られることもなく、一人で亡くなったんだと思います。

先生からポンの状態が急変してるとのことで、母がむかったときには、

もうポンは冷たくなっていたとのことだったので。



大型犬で14歳まで、特にこれと言って大きな病気もすることなく、

大好きな散歩にもずっと行くことができました。

不幸なワンコがたくさんいる中で、ポンは幸せだったと思います。

でもやはり家族のもとから旅立たせてあげたかった。

これはずっと私たちの中で残っていく後悔です。

14年家族と過ごして、最後一人は本当にかわいそうで

今でも申し訳ない気持ちでいっぱいです。


そして、もしかしてですが…

あのとき臆病なポンの性格を先生にお話し、

その台風の夜だけも家に戻してくれるようお願いしていたら、

介護が必要な状態になっていたかもしれないけど、それでも

ポンはもう少し長く生きていたのでは、と思ってしまいます。

今さらこんなことを思ってもしょうがないのですが…


↓これは亡くなる3日前のポンです。
 顔だけみたら元気そうに見えませんか?
 この後3日後に亡くなるなんて信じられない顔をしてます。
 元気そうに見えたぶん、私たちに気のゆるみがあったのだと思います。。。
tamagawa036.jpg




ポンのように大きな音が苦手で臆病なワンコがいらっしゃるおうちで

同じようなことになったら、私たちのこの話を思い出していただけたらと思います。

そして我が家にも雷でおしっこをもらしたワンコ(陸です笑)がいるので、

同じようなことを繰り返さないようにしなければと思います。





そして去年のこの時期にはもうひとつつらい事がありました…

(去年はあまりにショックが大きく書けませんでした)

私のバイトの後輩のおうちでトライアルに入っていたシェルティの

ウェンディちゃんが、2007年9月10日、

トライアル後わずか3日で旅立ってしまいました。

20070908231003.jpg


これから幸せになろうとしていた矢先のできごとで、

私はポンのこともあり、本当に落ち込みました。

そして、このウェンディちゃんが後輩のところに行くきっかけとなる

里親会にお誘いしたのは私だったため、

後輩のご家族につらい思いだけをさせてしまったとさらに落ち込みました。

でも後輩のご家族は、たった3日間という短い期間であったのにもかかわらず、

ウェンディちゃんをご家族のワンコとして旅立たせてくださいました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

Iさま、本当にありがとうございました。

きっと先に旅立ったポンがウェンディちゃんを虹の橋で迎えてくれたことだと思います。




今日はだいぶ長くなり、そして悲しいお話が続きましたが、

実はホイップがさらに歩くために、ある方にお願いしていることがあります!!

まだ実現するかわからないのですが、実現したら報告しますわーい(嬉しい顔)

ニックネーム ちか at 13:29| Comment(10) | ポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

ポン 1周忌

2007年9月7日の明け方、

主人の実家にいたゴールデンレトリバーの「ポン」が、お空へ旅立ちました。

昨日が1周忌でした!

pon2006.9.24 CANON 055.jpg


昨日は日曜日だったので、主人とポンの話をた〜くさんしました^^

昔の写真や動画を探して、いろいろみてるとさびしい気持ちでいっぱいに

なることを覚悟していましたが、なんだかたくさん笑えました。

亡くなってもこんなにも私たちを楽しませてくれるポンは、

本当に楽しくていい子だったな〜と改めて思いました!

いろいろ見てたら、ポンとホイップのはじめてのご対面動画を発見しましたわーい(嬉しい顔)

いきなりポンの部屋に新参者のホイップを連れていったりすると、

普段は温和なポンでもやはりいい気はしないだろうということで、

ご対面は田園茶房にしました。

お互いどんな反応をするかとても楽しみだったのですが、

まぁ予想通りといえば予想通りのお互いわれ関せず…(笑)



↓2006年10月8日 田園茶房、ポンとホイップの初対面!



ほとんどお互い無反応のご対面になりました^^;

(ホイップの首はまだこんなにも普通にあがっていたんだな〜と改めて実感…)

この後、ポンの部屋にも連れていくことになるのですが、

完全に立場はホイップが上でポンが下でした!

ポンはなぜかこんなにも小さいホイップが近づいていくとよけたりして、

しまいにはホイップにご飯を奪われるという事件も起きました(笑)

普通だったらご飯を横取りされそうになったらガウ〜とかしますよね。

ポンはホイップにどうぞと言わんばかりにその場から離れました^^;

でも37キロの巨体なのに、3キロのホイップにビビったりしているポンがまたかわいく^^;

ホイップだけでなくどんなワンコにも温和に接して、私たちが行くといつもしっぽを

ブンブン振って歓迎してくれるポンが大好きでした黒ハート

今でもポンは私たちの心の中で生きていてくれてます^^

ponCIMG1643.jpg





土曜日はそのご対面をした田園茶房にホイップ&陸を連れて行ってきました!

なんとあのご対面のときと同じ席が空いていました^^

↓主人はあやしい人になってます(笑)
 ホイくんは今回もベッド付きのVIP待遇です^^
2040.jpg

ニックネーム ちか at 22:36| Comment(2) | ポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする