2011年11月07日

鳥羽・伊勢へ

10月22日(土)・23(日)で三重県の鳥羽と伊勢に行ってきました。

ピースは近くに住む両親のところでお留守番してもらいました。

2006年にホイップが来てからは一度も旅行に行っていないので、

高知県、四万十川に行って以来の少なくても5年以上ぶりの旅行でした。


久しぶりの旅行だったので、だいぶ長くなっていますがあせあせ(飛び散る汗)
よかったらお付き合いくださいm(__)m


<1日目> 
鳥羽へ。

品川発⇒名古屋
新幹線「のぞみ」 最近の新幹線は速いです。
新横浜をでると名古屋まで止まらず、1時間37分で名古屋到着。
DSC00818.jpg

名古屋から鳥羽までは近鉄特急で約1時間20分。

↓ 途中、三重県の県庁所在地「津」に停車。
 一文字の看板、はじめて見たような気がします^^
DSC00826.jpg

品川から鳥羽まで約3時間40分ほどかかりましたが、
結構あっという間でした。


↓ 鳥羽駅前
この日の天気予報は「雨」だったので、お空はどんより…
雨が降ってないだけよかったのですが。
DSC00833.jpg

↓ 鳥羽駅は海のすぐ近くです。伊勢湾です。
DSC00836.jpg

↓ 鳥羽駅から歩いて10分ほどの鳥羽水族館へ!
  入場料 大人2400円
DSC00844.jpg

DSC00857.jpg

↓ ジュゴン
DSC00861.jpg

DSC00879.jpg

DSC00894.jpg

↓ 天井まで水槽になっていました。
DSC00892.jpg


↓ 唯一見たショーは、アシカショー^^
DSC00891.jpg


この日、鳥羽地方は午前中を中心に大雨との予報だったので、
すいてるかと思いきや、結構な人人人。。。
そんなに広い水族館ではないと思うのですが、滞在時間2時間ほどで、
最後は急ぎ足になってしまいました。
久しぶりに見るお魚、楽しませていただきました!


その後、鳥羽駅に戻り、駅前からホテルの無料シャトルバスで、
星野リゾート タラサ志摩」へ。
30分ほどで到着。途中大雨に。。。

↓ こんなお部屋でした。
DSC00907.jpg

↓ ホテルの部屋から。結構雨、降ってます(^_^;)
DSC00906.jpg


しかし、次の日はお天気まずまず晴れ

↓ 朝、カーテンを開けるときれいな海が!
DSC00925.jpg

DSC00926.jpg

↓ 朝ごはんを食べた場所から。
DSC00928.jpg

↓ 徒歩ですぐに海岸まで降りることができました。
DSC00935.jpg


↓ 海岸に降りる途中に、素敵なチャペルが。
 前日には結婚式があったようです。
DSC00932.jpg


↓ 海側からのホテル。
DSC00942.jpg 


こちらのホテルを経営している「星野リゾート」という会社について、
以前、ドキュメントのようなものをテレビで見て、ちょっと楽しみにしていました。
しかし、いろいろなタイプのホテルがあるようで、
こちらの「タラサ志摩」は普通のリゾートホテルでした(^_^;)
でも、ホテルの方は親切でしたし、ロビーも立派でとてもよかったです。
ただ夕飯が……
ひとつひとつとてもおいしかったのですが、もう少しいろいろ食べたかったなと(^_^;)
もう少しお金出せば。。。という問題なんだとは思うのですが(笑)


ホテル内の施設はいろいろ充実していて、室内プールやジャグジー、
トレーニングジムなども無料で使用することができました。
16000円とか結構高額の料金がかかるようですが、
タラソテラピーなどの施設も充実しているようでこれを目当てにくる方もいるようです。

私たちは、夕食後ホテルの方に車で10分ほどの「慶泉」
という温泉に送迎していただき、温泉を楽しむことにしたので、
ホテルの施設は何も使いませんでした。
20時過ぎていたこともあってかお風呂はとても空いていて、
露天風呂でフッと気づくと、中も露天風呂も誰もいなくなっていて
私一人ぼっちになってました…
山あいの本当に静かなところだったので、
音はお湯の流れる音のみで、シーンとしたお風呂は風情ありありでしたが、
怖がりの私は「もう出よう」っと(^_^;)
本当はもっとゆっくりしたかったのですが…
小心者なので残念です(^_^;)
1時間30分後にまたホテルの人が迎えにきてくれました。

お部屋はすべてオーシャンビューのこのホテル、
もうおそらく行くことはないと思いますが(^_^;)
でも、鳥羽に行くことがありましたら、おすすめのホテルです(^^)/



<2日目>
 伊勢へ。

予定では鳥羽駅からすぐにこの旅行の一番の目的、

伊勢神宮」に行くことにしていましたが、

前日に到着してから、せっかく海のきれいなところに来たので、

観光船などで海に出てみたいなと思いました。

でも1泊だし時間がないので、やめようと…

しかし、ホテルの無料バスで鳥羽駅に到着すると、

客引きのおじさんが、船で「鳥羽湾めぐり」どうですか?と…

また「乗ってみたいな…」との気持ちがむくむく…

値段聞きました。

40〜50分の乗船で一人3000円とのこと。

さらに悩みました。 二人で6000円かぁ……高いなぁ…

おじさん、「他にお客さんがいないから、すぐに船出すし、貸切だよ」と!

え、貸切?!うれしいと思う反面、おじさんと3人は気まずくないのかと(笑)

他に誰か乗らないかな、と思ってももう駅前にはそれらしき人も見られず。

さらに5分ほど悩んで……

すぐに船、出してくれるっとのことだし、

もう一生鳥羽には来ないかもしれないから、ケチらず思い切って

「乗ろう!!」ということにしました。


↓ 乗った船はこちら!
 船を見た途端、これ2人のために6000円じゃ、
 おじさん、もと、とれないでしょ、 と言いたくなるぐらいの船でした。 
DSC00979.jpg

定員81名だそうです。
1階は何列もいすが並んでるよくある小型の観光船でした。
以前はたくさんの人でにぎわった時代もあるのかもです…
とりあえず、2人では完全にもったいない船を貸し切らせていただきました!
2階へ、とのことで2階から撮った写真です。

DSC00954.jpg

DSC00967.jpg

DSC00961.jpg

動画です。




おじさん、2人だからと手を抜くことなく、

鳥羽のたくさんの島々をきちんと説明してくれました。

所々で船を止めて、写真を撮ってくれたり、

さらに途中で、手に持ってるとカモメが寄ってくるよ、とのことで、

かっぱえびせんの袋を持ってきてくれました。

↓ 手にかっぱえびせんを持つと…
DSC00947.jpg

↓ あっという間にカモメが寄ってきました!
 残念ながら手からは食べてくれなかったのですが、
 海に放るとうまく食べてました^^
DSC00949.jpg


思い切ってよかったです!一人3000円以上の価値ありです。
とっても素敵な鳥羽湾周遊でした!

よくある大型の観光船も大人1500円でありました。
1時間に2本ぐらい出航しているようです。



その後、鳥羽駅からJR参宮線に乗って20分ほどで伊勢市駅へ。
DSC01022.jpg


↓ 地図を載せることができたので、載せました。拡大縮小できます。





伊勢神宮は外宮(げくう)と内宮(ないくう)と2つあります。
参拝の順序は、一応外宮を参拝してから内宮とのことです。
2つの間はバスで20分ほどです。

順序にのっとって、伊勢市駅から徒歩10分ほどのまずは伊勢神宮・外宮へ!
外宮は天照大神のお食事をつかさどる神、
「豊受大神・とようけおおみかみ」をまつっているそうです。

DSC00987.jpg

DSC00988.jpg

↓ こちらが外宮、メインの「御正殿・ごしょうでん」です。
 というか御正殿の入り口と言ったほうがいいです。
 行ってから知ったのですが、御正殿は見れずで、この入口のみの参拝でした。
 ちゃんと御饌料のようなものを払うと少し中まで入れるようでしたが、
 それでも御正殿そのものの前に行くことはできないようでした。
 入口でさえも鳥居を一歩中に入ったら、写真をとることもNGでした。
 DSC00990.jpg


その後、バスで内宮へ!
皇室の御祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつっているそうです。


↓ 一気に外宮とは人の数が違います!団体旅行の方もたくさん〜
DSC00993.jpg

↓ 途中、五十鈴川という川に降りることができました。
DSC00997.jpg

↓ こちらが内宮、メインの「御正宮・ごしょうぐう」です。
 とにかくすごい人です。後からひっきりなしに人です。
DSC01000.jpg

↓ こちらも外宮と同じで入口のみで参拝です。
DSC01001.jpg

いろいろな人がいろいろな思いで、
いろいろなことをお願いしているんだろうな、と思います。
参拝の作法は、「二拝二拍手一拝」とのことです。

伊勢神宮はパワースポットと言われてるそうです。 
あるサイトによると外宮では、
「御正殿」、内宮では「御正宮」は強いパワースポットで、
(入口までしか行ってませんが…)
さらに↓鎌倉時代の元寇の時に神風を吹かせて
日本を守った神をまつっている「風日祈宮・かぜひのみのみや」
もパワースポットとのことでした。
DSC01006.jpg



伊勢神宮は思ったよりとてもシンプルな感じでしたが、
しかし自然がいっぱいで何か力を得たような?!気がします(^_^;)

ウィキペディアによると、
伊勢神宮では、持統天皇の時代、690年から1300年にわたって、
(戦国時代には120年以上中断)
20年ごとに「式年遷宮」(しきねんせんぐう)という上で紹介した
内宮、外宮の2つの正殿や別宮などの
すべての社殿を造り替えて、神様を移動させるということをするそうです。
なので、それぞれの社殿の隣には、造り替えるために
同じだけの広さの土地がきちんと確保されていました。
最初はなんでこうやって土地がきれいな状態で置かれているのだろう、
と不思議だったのですが、この式年遷宮のためでした。
ここ最近では1993年(平成5年)に61回目の式年遷宮が行われています。
なので、次は2013年(平成25年)です。
私たちが行ったときにも、すでにいくつかの別宮は見られませんでした。
いくつかの建て替えがはじまっていたようです。
いろいろなものが本当にシンプルだったのは、
20年ごとに建て替えられているからなんでしょうね。





その後、↓ おはらい通りへ。
結構な人です。原宿の竹下通りを思い出しました^^
DSC01014.jpg


↓ 有名な「赤福本店」
DSC01016.jpg


↓ そして「おかげ横丁」へ。
DSC01019.jpg

↓ おはらい通りもおかげ横丁もとても古い町並みで、おみやげ屋さんや、
食べ物屋さんがたくさんありました。
DSC01015.jpg


↓ 途中、半分立ち食いのようなお店で食べてみたかった「松坂牛」の串焼きを
 食べました!かなり薄い3切れ、950円でした。
 写真は一口食べてますが(^_^;)、食べた瞬間、何か違いました。
 肉の味が違うというか…うまく表現できないのですが、
 とにかくおいしかったのです!あっという間になくなりましたが(^_^;)
 本当はちゃんと松坂牛ステーキというものを食べたかったのですが、
 ちゃんと食べようと思うと、ランチでも5000円とか8000円とか
 ちょっと一般庶民の我が家には手がだしにくい価格が多かったですあせあせ(飛び散る汗)
DSC01020.jpg


「伊勢で伊勢エビを食べる」も実行したかったのですが、
お造り2980円でこちらも断念(涙)
一般庶民はつらいです(^_^;)


↓ それから名物「伊勢うどん」。これも撮る前に混ぜてしまいました(^_^;)
 讃岐うどんのようにおつゆにひたっているわけでなく、
 ちょっと濃いめの醤油がかけてある、という感じでした。
 麺は太麺でしたが、なんかフワフワやわらか麺で、
 具もなくいたってシンプル。450円。
 お味は、こういうものなんだ〜という感じ(^_^;)
DSC01021.jpg


夕方、伊勢市駅にもどり、帰りはJR快速みえで名古屋へ。
名古屋は通過のみで、降りたことがなく、新幹線まで時間があったので、
駅の外に出てみました。
本当は「栄」に行ってみたかったのですが、地下鉄に乗らないと、とのことで、
時間がなくあきらめました。


↓ 名古屋駅周辺。一気に大都会です^^
DSC01030.jpg

↓ 中日ドラゴンズの優勝セールをしてました。
DSC01031.jpg


↓ そして最後の食事。名古屋駅構内の「駅釜きしめん」というお店の塩味のきしめん。
 主人は新幹線のホームにあるお店がおいしいとの情報を得ていて、
 それも期待していたのですが、
 すでに20時を越していてやっていないかも…ということで、
 新幹線改札横のこちらでいただきました。
 醤油味の主人はそんなに感動はなかったようですが、
 私はとてもおいしかったです!
 この旅行では松坂牛かこのきしめんか、というぐらいおいしかったです。
DSC01032.jpg


↓ 20時54分名古屋発の新幹線で帰宅。 22時30分には品川到着。
 ほぼ名古屋から自宅まで2時間でした。あっという間です。
DSC01034.jpg



休みが土日でしかとれず、少々時間に追われた旅でもあったのですが、
レンタカーがなくてもそれなりに交通機関を便利に使用することができて、
有意義に過ごすことができました。
「一生に一度はお伊勢参りを」というそうです。
長い歴史を持つ伊勢神宮、そして海のきれいな鳥羽。
本当にいいところでした。
機会がありましたらぜひぜひ行ってみてください!





ちなみに…
この旅行は国内フリーツアーで、
1泊2日、品川・名古屋往復新幹線と「タラサ志摩」1夕食1朝食付きで
一人33200円でした。
名古屋・鳥羽間は実費です。
JRと近鉄が利用でき、往復一人5000円ぐらい。
行きと帰りで両方乗りましたが、JRのほうが安いですが、時間がかかります。
どちらも新幹線のように2人がけでゆっくりできます。




そしてさらにちなみに
我が家のピースくんですが…
上手にお留守番できたようですわーい(嬉しい顔)
母曰く、ほとんど寝てたとのことでした(笑)
陸がいなくなり、実はちょっとお留守番が苦手になっているピースです…
でもひとりぼっちにならなければ、とりあえず大丈夫なようです。
一人っ子を満喫しているようにも思いますが、
お留守番の時はやっぱり一人はさびしいのかな…と思います。

ニックネーム ちか at 12:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする